株式会社アステムおしらせ > 中央労働災害防止協会より会長賞を受賞

おしらせ INFORMATION

中央労働災害防止協会より会長賞を受賞

~「災害ゼロ」を目指した各種取り組みなどが高く評価~


右:株式会社アステム代表取締役 野口敬志

当社は、中央労働災害防止協会の平成28年度会長賞を受賞し、平成28年10月19日に宮城県仙台市で開催された「第75回全国産業安全衛生大会」において表彰式が行われ、表彰状が授与されました。

今回の受賞は、「従業員の安全と健康の確保は企業活動と不可分の関係にある」との経営トップの認識のもと、ゼロ災害全員参加運動を推進し長年にわたり社員自ら工夫する事故の無い職場風土づくりに取り組むことにより、他の企業の模範となる顕著な成果を上げたと評価されたものです。

【中央労働災害防止協会 会長賞】とは

中央労働災害防止協会(中災防)は、昭和39年(1964年)に設立された特別民間法人です。事業主の自主的な労働災害防止活動の促進を通じて、安全衛生の向上を図り、労働災害の絶滅を目指すことを目的に活動しています。産業界における労働安全衛生活動その他に多大な貢献をした個人や団体に対し各種表彰制度を設けており、特に産業安全及び労働衛生の推進向上に努め、著しい成果を収めるとともに、広く地域又は業界に対しても普及啓発に尽くし顕著な功績が認められる企業などに対しては中央労働災害防止協会会長賞を贈り、これを表彰しています。

番組で紹介されました

表彰式の様子やアステムの安全衛生活動が、2016年10月19日のNHK仙台放送局「てれまさむね」番組内で紹介されました。